宮崎県都城市で避難準備情報がでています

| コメント(0) | トラックバック(0)
今年は、よく雪が降っています。雪のかわりに、今度は雨模様になっている九州の
ようですが、宮崎と鹿児島県境の霧島連山、新燃岳の噴火は、まだまだおさまる
様子はないようですね。そういうなか、宮崎県都城市では、16日夜から降りだした
雨の影響で土石流が発生するかもしれないから、ということで、市内の一部地域に
避難準備情報を出したそうです。

残念なことに、雨は17日未明から強まると予想されているようで、住民の方々は
不安な夜を迎えることになりそうですね。一人暮らしのご高齢者の方は、早めに避
難所へいって過ごしているようです。そのほうが、かえって安心できるのかなと思い
ますが、やはり精神的肉体的には、ストレスも強いでしょうから、行政の方々の細や
かなケアが大事になってくるのかなと思います。

また、一般のボランティアの方々や他県の行政の方々の応援などもあるようです。
みんなで、助け合ってなんとかこの危機を乗り越えていこうという気持ちが熱いですね。
自然の行いには、人間はどうすることもできず防御だけですが、それが一番大事な
ことだと思います。不測の事態を予測して、早めに手をうつ、というのが災害の被害を
小さくできる手段なのではと思います。

降灰や土石流など、噴火に伴う被害は、甚大なものです。観光、商業、農業と大きな
被害をもたらしていることでしょう・・・。行政と民間の企業と手を繋いで、地元のために
頑張って欲しいなと思います。
駆けつけてボランティアも出来ないわたしなどは、偉そうなことはいえませんし、何も
できないのですが、せめて募金だけでも、と思っていまう・・・。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.lapilia.com/mt/mt-tb.cgi/3

コメントする

このブログ記事について

このページは、amicomが2011年2月16日 23:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「生地がしっかりしているオリジナルTシャツでした!」です。

次のブログ記事は「飾って置ける記念品はいかがですか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261